Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
New Entries
Archives
Categories
Profile
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2013.07.23 Tuesday
27club
くるり,岸田繁
ビクターエンタテインメント
(2004-02-11)



さいきんandymoriがくるりのロックンロールをカバーしたのをよく聞いてる。
くるりのロックンロールもいいけど、andymoriのもすごくいい。
andymoriの小山田さんの歌は、言葉が頭に入ってきやすい歌い方だと思います。
演奏もくるりとは違うかっこよさと勢いがある。




それでロックンロールを延々とリピートしてて、
初めて聞いたときに、
そんなにロックンロールな曲じゃないなって感じたことを思い出しました。
ただ、この曲の主観の人物は死んだんだろうなあとは考えていて、
でもそれがどうなんだろうって。

そして今、歌詞とか発売日とかを眺めていて、
その主観の人物というのは、たぶん岸田さん自身のことなのかなと感じました。
ロックンロールの発売は2004年の2月で、岸田さんは2004年の4月に28歳になる。
有名な話で、ロックスターはよく27歳で死んでしまうから、
岸田さんも自分が27歳っていうことになにかしら思うところがあったのではないでしょうか。
ロックンロールのことをすごく考えているって曲なのではないかと思います。
こんな感じに解釈して、
わたしはこの曲を好きでいよう。
いい曲だなー



晴れわたる空の色 忘れない日々のこと
溶けてく景色はいつもこんなに迷ってるのに
8の字描くように無限のビート グライダー飛ぶよ
さよなら また明日 言わなきゃいけないな



| suttonkyo | | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2018.01.21 Sunday
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:44 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL : http://yellowlabel.jugem.jp/trackback/152